お役立ち情報お役立ち情報

Navigator を Excel から制御して自動で結果ファイルを作成できます

2021.04.08 MLT Advance

評価結果ログをNavigatorで取得後、ログデータを
csvやテキストにしてExcelにデータ貼り付け・・・
そんな作業を自動化できたらと、便利な機能をご用意致しました。

MLTコマンダー・外部メソッド呼出機能

MLTコマンダー:
ロギング開始と停止、及びログ保存を外部アプリケーションから制御可能な機能
外部メソッド呼出機能:
ナビゲータユーザモジュールから、お客様が用意したDLL内のメソッドをコール可能な機能

これらを組み合わせることで、自動的に
ロギング実行 ⇒ フレーム送信 ⇒ 検査実施 ⇒ 結果出力 するような
システムが構築可能となります。

サンプルの動作を動画に致しました。(音声入り・字幕表示で説明文表示)

サンプルは下記の流れでExcelから制御をしております。
①Navigatorの起動 (※4)
②ロギング開始 (※1・4)
③フレーム送信 (※2)
④結果を収集 (※2)
⑤ロギング停止 (※1・4)
⑥ファイルへ出力 (※3)
⑦エクセル上に表示 (※4)
⑧Navigatorの終了 (※1・4)
※1:MLTコマンダー  ※2:ユーザモジュール
※3:外部メソッド   ※4:VBA

こちらのサンプルを元にオリジナルのツールを作成いただければと思います。
サンプルのダウンロードはこちらからどうぞ!